【東京・名古屋】シェアハウスのメリットとデメリット!トラブル対策は?女性専用もあります!

日本人、外国人、男性、女性を問わず、シェアハウス流行ってますよね!

私も機会があれば、シェアハウスに引っ越ししたいと考えています。

やっぱり1人は寂しいし(笑

特に東京、名古屋、大阪など都市部でシェアハウスは流行してます

その特徴を説明していきましょう。

シェアハウスとは?

シェアハウスとは一軒の家やマンションの一室を、自分のお部屋とは別の共有スペースを複数人でシェアする居住形態のことで、最近ではシェアハウス専用の物件も多くなってきています。

シェアハウスには多くのメリットとデメリットがあるため、双方を考慮しながら自分に合っているかを考えることが大切です。

シェアハウスのメリット

メリットとしてまず挙げられるのは、月々の家賃が安く済むことです。

一軒の家やマンションの一室をシェアする場合、月々の家賃はシェアする人数で割ることができるため、家賃が6万円の物件に3人が住むのであれば一人あたり2万円の家賃を支払えば良いことになります。

家賃を複数人で分けられるということは、支出における家賃の割合を低く抑えられるだけでなく、副次的効果としてグレードが高い部屋に住むことができるという面もあるのです。

一人で家賃20万円の部屋に住むことは難しいですが、3人で住むのであれば約6万5千円の出費で住むことが可能になるため平均的な収入しか得ていない人であっても高級住宅で生活できるようになります。

また、家賃だけでなく生活に必要な家電や家具などをシェアすることも可能です。

冷蔵庫や洗濯機は入居している全員が使うものであるため、購入費用を一人で負担することはなく、全員が均等額を出して購入するため安上がりです。

最近の、シェアハウス専用物件では、家具や家電、インターネットなどの生活必需品を完備している物件が多いです。

これは電気代や水道代も同様で、一人暮らしの場合と比較すると毎月の固定費が安くなるはずです。

さらに、複数人が同じ家に住んでいるため常に家の中に人がいるということになり、一人暮らしでありがちな帰宅時の寂しさはありません

仕事を終えて会社から家に帰ろうとするとき、電気が全く点いていない暗い家に帰ることを想像すると鬱屈とした気持ちになってしまうことは良くあることです。

しかし、シェアハウスなら同居人が出迎えてくれるため気分が落ち込むことがありません。

ときには夕食を作って待ってくれていることもあるなど、日常におけるささやかな喜びをかみしめられます。

加えて、常に家に人がいるということはセキュリティ的にも安心できます。

女性の場合は「女性専用のシェアハウス」に入居するとさらに安全性が高まります

東京都内の女性専用シェアハウス!

シェアハウスのデメリット

一方で、複数人で住むという特徴はメリットだけでなくデメリットにもなり得ます。

住人は個室があり、その部屋に無断で立ち入ることは禁止されているのが一般的です。

しかし、同居人の性格によっては無断で部屋に立ち入って雑誌などを借りていくといったことがあります。

また、共用部である玄関やリビング、台所の使い勝手を自分の好みで変えられないという事は、意外なストレスになるものです。

特に玄関においては、帰宅時に同居人の靴が乱雑に散らばっている様子を見ると怒りを覚えることすらあるのです。

セキュリティについても、確かに外部からの侵入を防ぐことができる点では優れていますが、同居人の手癖が悪いと別の意味でセキュリティ的に不安になります。

個室には鍵を掛けることができますが、常に心配事を抱えている状態になってしまうのです。

複数人で住むということは、自分の生活リズムが乱れるということでもあります。

住人はそれぞれ出勤時間帯が異なるため、仮に夜勤の人がいれば夜遅くに台所で料理を始めたりシャワーを浴びるということがあります。

そうなると物音で強制的に起こされてしまい、十分な睡眠が取れません。

こういったことが続くと、精神的に疲弊してしまい毎日の生活が辛いものになることも少なくありません。

さらなるデメリットとしては、同居人が勝手に友人や恋人を連れ込んで大騒ぎをするということがあります。

同居人の友人や恋人は自分にとっては他人であることが多く、共用部を自由に使われたり大騒ぎをされると自分の家を荒らされている気分になるのです。

これは人間の感情として当然のことですが、同居人も共用部の費用を支払っているため文句を言うことができないのが現状です。

マンションでシェアしている場合は、ほかの部屋から苦情が来ることもあるため、自分だけの力で解決でいる問題では無いにもかかわらず、自分が矢面に立たされることもあるなど大きなトラブルになり得ます。

シェアハウスのデメリットを解決する、トラブル対策!

シェアハウスにはこういったプラス面やマイナス面がありますが、マイナス面に関してはハウス内の住人全員が共有するルールを決めておくとトラブル対策になります。

たとえば、友人や恋人を連れ込まれて大騒ぎをされて困るということきは、事前に友人などを連れてくることをほかの同居人に伝えて了承を得ることを条件にしたり、午後9時以降まで滞在させないということを文書にしておくのです。

ほかにもトイレや風呂は当番を決めて全員が平等に掃除をすることや、毎月一定額を集めてトイレットペーパーや洗剤などの購入費に充てることなどを決めておくと、トラブルが発生しにくくなります。

同意した文書に反する行いが続く場合は退去を勧告できるようにしておくと、より効果が高まるためトラブル対策として入居前に定めておくことがおすすめです。

シェアハウスの口コミと評判

まとめ

また、昨今では、シェアハウスが持つコミュニティに注目し、「若者向け」「女性専用」「ビジネスマン向け」「保育施設完備のシングルマザー向け」など、共通の属性や趣味を持つ入居者を集めたシェアハウスが流行しています。

ただ、安いだけのシェアハウスから、特徴をもったシェアハウスがドンドン増えています。

東京のシェアハウス探しならココ!

【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

名古屋のシェアハウスならココ!

名古屋でシェアハウスをお探しなら【SHARE HOUSE180°】

女性専用のシェアハウスならココ!

東京都内の女性専用シェアハウス!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

あなたのご支援がサトリを救う!感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です