肥満遺伝子を検査して効果的・効率的にダイエットを成功させる方法!口コミと評判

人はなぜ肥満になるんでしょうか?

「あの人はあんな食べてるのに全然太らない」

「私は食べたら食べるだけ太っちゃうよ!」

なんてことを疑問に思ったことって、誰でも1回はあると思います。

「そんなの体質の問題でしょ?」

そう、体質の問題なのです。

でも、逆に考えてみてください。

自分の体質、つまり遺伝子を知ることができれば、効率的・効果的にダイエットをすることができるのではないでしょうか?

いや、できます!(断言)

今回はそんな肥満遺伝子について書いていこうと思います。

シリーズ販売数80,000件突破! FiNC肥満遺伝子検査

そもそも肥満ってなに?

Wikipediaによると、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況のこと。

それはそうですよね。。

 

んなぁことは、わかってるよ!

という声が聞こえてきそうです。

 

簡単に言うと、食べる量(摂取エネルギー)と代謝量(消費エネルギー)の収支バランスによって生じます。

日本ではBMIが22の場合を標準体重、25以上の場合を肥満、18.5未満の場合を低体重としています。

BMIとはボディマス指数のことで、体重と身長の関係から算出されるヒトの肥満度を表す体格指数のことです。

ボディマス指数(ボティマスしすう)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数である。一般にBMI (Body Mass Index) と呼ばれる。

Wikipedia ボディマス指数

計算式:BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

肥満、特に「内臓脂肪型肥満」と「糖尿病(耐糖能異常)」や「脂質異常症」「高血圧」を合併した状態はメタボリックシンドローム(代謝異常症候群)といい、心血管疾患の高リスクとなります。

そもそも何故肥満になるのか?

食べすぎ、運動不足、食べ方の異常(摂食パターンの異常)、遺伝的体質、熱産生障害(食事や運動をした後や体温を一定に保つために、体は生理的に熱を発生する働きの低下)などが原因です。

肥満になると何が怖いのか?

  • 睡眠中の呼吸障害をきたしやすくなり、突然死や睡眠時死亡を引き起こす
  • 糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風、胆石症、骨粗しょう症などの下地にもなりやすく、そのため狭心症、心筋梗塞など、虚血性心臓病や脳卒中の原因
  • 乳がん、子宮体がん、大腸がんの原因

肥満を治す方法は?

大人と子どもでは、肥満の事情も違います。

小児の肥満は脂肪細胞の数が増えていく「脂肪細胞増殖型肥満」ですが、大人の場合は脂肪細胞自体が大きくなってしまう「脂肪細胞肥大型肥満」で、こちらは小児の肥満より治療しやすいのです。

①食事療法

肥満の原因のうち、食べ過ぎや食べ方の異常が原因であるためそれを改善することで肥満解消をすることです。

②運動療法

肥満の原因のうち、運動不足を解消することで肥満解消をすることです。

③行動療法

①、②、③はお互いに密接に関わり合っています。

④薬物療法

長期の服用で肺高血圧症など肺や心臓に合併症が起こることがあり注意が必要です。

⑤外科療法

手術によって胃を縮め、食物を入りにくくすることです。高度な肥満に限られます。

内視鏡的胃内バルーン留置術

最近、外科療法のうち「内視鏡的胃内バルーン留置術」が開発されました。

経鼻内視鏡で観察しながら、胃内にシリコン製のバルーンを入れます。

バルーンの中は、生理食塩水で満たされており直径約10cmの大きさです。

バルーンを入れることで胃の中に一度に入る体積が少なくなりすぐに満腹感を味わうことが出来るということです。

1980年代後半から欧米を中心に施行され、内科的治療と外科的治療(手術)の中間に位置する「内視鏡的胃内バルーン留置術」を開始しました。 担当の前川医師はこれまで、この「内視鏡的胃内バルーン留置術」を日本国内歴代2位となる62例に施行し、バルーン留置後12ヶ月で平均15kgの体重減少効果を認めています。

長野松代総合病院

生理食塩水のためたとえバルーンが破れて漏れてしまっても安心です。

6ヶ月後、経口内視鏡を用いて胃内バルーンを穿刺・抜去します。

2泊3日の入院で治療が可能です。

治療代は約30万円かかりますし、高度な肥満に限られます。

肥満の原因は遺伝子だった?

先ほど「何故肥満になるのか?」という点においていろいろな生活習慣による理由を書きました。

しかし、それだけの理由ではないことが最近判明しました。

実は、1994年に「肥満遺伝子」が発見され、体内に大量の脂肪を蓄積する能力は遺伝することがわかってきました。

また肥満に関係する遺伝子は、現在約50種類確認されています。

そのうち日本人の健常者の約97%が、β3AR遺伝子、UCP1遺伝子、β2AR遺伝子のいずれかに変異があります。

FiNC肥満遺伝子検査 公式サイトはこちら

変異とは?

遺伝子を形作るDNA とはA(アデニン)、 T(チミン)、 C(シトシン)、 G(グアニン)の4つの塩基から成っており、遺伝子の変異とは、その塩基配列が例えば、ATCGのはずが、ATGGやATGになったりすることです。

それによって、遺伝子の情報から本来作られるはずの蛋白質が作られなかったり、正常とは異なったものが作られたりして、ヒトの身体において病気としての症状を示すのです。

詳しく説明すると、

FTO

食欲を高めるグレリンというホルモンの分泌を調整している遺伝子です。

(リスク型だと食後も食欲を感じやすくなります)

また、脂肪を貯蔵する白色脂肪細胞が増えるのを抑える働きもあります。

UCP1

脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞でADRB3と共に熱産生に働く遺伝子です。

細胞中に貯蔵された脂肪がミトコンドリアで燃焼されるのを活性化します。

(リスク型だと脂質がうまく消費されません)

ADRB3

脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞でUCP1と共に熱産生に働く遺伝子です。

また、血中の糖分濃度を下げるインスリンの機能を調節しています。

(リスク型だと糖質がうまく消費されません)

ADRB2

呼吸・循環器系などの平滑筋におけるエネルギー消費や、脂肪細胞における脂肪燃焼に働く遺伝子です。

(リスク型だと脂質とともにタンパク質もよく消費されてしまいます)

 

この遺伝子を持つ人が、食べすぎ、運動不足、摂食パターンの異常などの生活習慣になじんでしまった時に、肥満になると考えられています。

あわせて読みたい

 

この遺伝子によって体型を6種類のタイプに分けられます

β3アドレナリン受容体は日本人の保有率34%でお腹が出るタイプ(リンゴ型)

  • リスク遺伝子:ADRB3
  • 1日あたりの基礎代謝量が、他のタイプと比べて200kcal少ない
  • 糖質を代謝で消費しにくい体質なので、糖質を摂ると太りやすい
  • 内臓脂肪を蓄えがちで、ポッコリとしたウエストが目立ちやすい
  • ごはんをはじめ、パンやパスタなどの麺類が大好物
  • 性格的には朗らかで、人と接していても温厚だといわれる
  • しかし、食事の時間が遅くなると、急にイライラしやすい

脱共役タンパク質1は日本人の保有率25%で下半身に皮下脂肪がつくタイプ(洋ナシ型)

  • リスク遺伝子:UCP1
  • 1日あたりの基礎代謝量が、他のタイプと比べて約100kcal少ない
  • 脂質を代謝で消費しにくい体質なので、脂質を摂ると太りやすい
  • 皮下脂肪を蓄えがちで、太るとウエストやヒップがきつくなる
  • ごはんよりも唐揚げやフライなどを中心に、おかずをよく食べる
  • 真面目で几帳面だといわれるが、頑固で融通が利かないこともある
  • イライラしていると、無意識に袋ごとスナック菓子を食べてしまう

β2アドレナリン受容体は日本人の保有率16%でほっそりしていて太りにくいタイプ(バナナ型)

  • リスク遺伝子:ADRB2
  • 1日あたりの基礎代謝量が、他のタイプと比べて200kcal多い
  • たんぱく質を分解して血や肉にするのが苦手で、太りにくい
  • 全身が比較的スリムで、手足も細く、長く見える
  • 肉や魚は好まず、ヘルシーな野菜や果物などをよく食べる
  • 食べられるときに食べれば平気で、1食抜いても気にならない
  • 神経質でカリカリとした性格の持ち主で、細かいことも気になる

それぞれが組み合わさった特に痩せにくいタイプ(ミックス型)

  • 糖質の代謝が苦手
  • 筋肉がつきにくい
  • 皮下脂肪や内臓脂肪もつきやすい

リスク遺伝子がないタイプ(アダム・イブ型)

  • リスク遺伝子:×
  • 全てのリスク型ではないタイプ
  • 食生活などの生活習慣が大きく関わる体質

高カロリー嗜好タイプ

  • リスク遺伝子:FTO
  • 高カロリーの食品を好み、食後も食欲を感じやすい
  • 脂肪を貯蔵する白色脂肪細胞が多くなりやすい

 

リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型は有名ですが、それぞれを組み合わせたミックス型、ノーリスクのアダム・イブ型、高カロリー嗜好タイプもあります。

つまりβ2アドレナリン受容体を持っている人ほど基礎代謝量が多いため太りにくく、β3アドレナリン受容体を持っている人は基礎代謝量が少なく太りやすいということです。

自分がどんな肥満遺伝子を持っているか調べてみる

自分が肥満遺伝子を持っているかどうか検査できるの?

肥満遺伝子を持っているか持っていないかがわかるキットがあります。

「あなたが”やせられない理由”を分析! FiNC 肥満遺伝子検査キット」3900円

思っていたよりも安いですよね。

最低価格保証というだけあってとても安いです!

他の会社の検査キットの値段も比較してみましたが、6000円代だったり安くても5000円代でした。

FiNC 肥満遺伝子検査キットの特徴とは?

3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質、3つの項目に関係する遺伝子を分析し、肥満に関する遺伝的傾向を明らかにします。

検査結果はアプリで簡単チェック出来ます。

検査結果はアプリに届くから、すぐにいつでもどこでも見ることができます。

あなたの遺伝子結果から3つの肥満タイプを明らかにし、FiNC管理栄養士から生活習慣の改善方法をアドバイスもあります。

肥満遺伝子を持っていても肥満にならない!?

肥満の原因は遺伝3:環境7です。

環境が7割を占めているため、肥満遺伝子を持っているからだけでは肥満にはなりません。

たとえ遺伝的に1日の基礎代謝量が200kcal少なかったとしても、全代謝量の約1割。食事や運動といった環境要因を活用することで、十分補うことができます。

よって、生活習慣を規則正しくすることがとても大切です!

しかし、どの生活習慣が自分に合っているのかどうかが分からない!

FiNC 肥満遺伝子検査キットなら

3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質、3つの項目に関係する遺伝子をタイプ別にしてくれます。

それによって

  • 糖質による太りやすさ
  • 脂肪燃焼のしやすさ
  • タンパク質の分解力が分かります。

 

また、管理栄養士の方がそれぞれのタイプに合った理想の食事メニューや正しい生活週間を提案してくれます。

だから、自分の体に合ったダイエットや食事が出来ます

むやみやたらに、朝食を抜いたり、まとめ食いをしたり、生活習慣を変えてしまうと、夜間は消化管の吸収機能が昼間より高まりやすく、エネルギーが貯蔵に回りやすいため余計に太ってしまうこともあります。

そうした生活を続けていくと1日の食事の半分以上を夜間にとる“夜食症候群”などの問題を引き起こしてしまうでしょう。

あわせて読みたい

 

また、生活習慣を変えるとストレスが溜まり、イライラしたり、いつも不安感がある場合、それから逃避したいために、つい食べすぎてしまいがちになってしまい、太ってしまう可能性もあります。

そして何より、検査後もアプリの中にパーソナルAIトレーナーが高い体脂肪や筋肉不足など、あなたの悩みに合ったヘルシーレシピやフィットネスの提案や、生活習慣のアドバイスも専用のアプリでチャット機能を使い、提案してくれます。

FiNC 肥満遺伝子検査キット 公式サイトはこちら

FiNC 肥満遺伝子検査キットの特典

これだけでも十分なのに、まだ特典があるって凄過ぎますよね〜

FiNCオリジナル体組成計

大事とわかっていてもつい面倒で忘れてしまいがちな毎日の体重管理を、なんとスマホに自動記録できて、そのデータをもとにAIを搭載したパーソナルトレーナーがアドバイスをくれます。

これだと肥満遺伝子を持っているかどうかの検査だけでの利用ではなくてその後の管理もしてくれるので、一石二鳥どころか一石三鳥ですね!

遺伝子の検査結果から自分に合ったメニューを選んでくれて、それに基づいてトレーナーがついて管理してくれる!

とても効率的で効果的に痩せることが出来ます!

 

FiNC管理栄養士とトレーナーに無料で健康相談

(検査結果が届いてから30日間が対象)が出来たりヘルシーレシピやフィットネスメニューを教えてくれたり至れり尽くせりです!

検査をするのは面倒くさくない?

専門機関に行かなくても、家にキットが送られてくるので大丈夫です。

また、針や注射を使わずに唾液採取なのでくすぐったいくらいで痛くないので、安心です。

それを返信用封筒に入れて郵送するだけで終わりです!

血液から遺伝子を採取するのではないので、注射をせずに済むわけですね。

簡単に自分の肥満遺伝子タイプを調べてみる

FiNC 肥満遺伝子検査キットの口コミ・評判

①値段が安いので、初めての方も多かった
②自分がどのタイプかを知る事で何が苦手かが分かり今後のダイエットに役に立った。
③作業も手続きも簡単だった
④検査をしたおかげで、正しくダイエットが出来た
⑤気になる点はチャットで丁寧に答えてくれた

一部、検査キットが配送されるのが遅いという意見もありましたが、早い方もいらっしゃったので地域によって少し変わってきたり、記入漏れがあるのかなといった感想を持ちました。

値段が安いので、遺伝子タイプを知りたい方が気軽に手を出せるようなキットだと思いました。

個々に応じてチャットで質問すると返信してくれるので、丁寧で検査を受けても結果の見方が分からないといったことは無いですし、親切だと感じました。

まとめ

今回は、肥満の原因が遺伝子にもよることが判明したということ、それを検査できるキットがあるということを紹介しました。

しかし、肥満の原因は遺伝3:環境7であるため、生活習慣が肥満の一番大きな原因であることは間違いないです。

検査を受けることによって、生活習慣を良くしようとする意識を持つことが大切です。

また、肥満は病気の元です。

遺伝子検査を受けて効率よくダイエットをして健康な生活を手に入れましょう!

肥満は自分の遺伝子を知ることが重要!FiNC 肥満遺伝子検査キット 公式サイトはこちら

おすすめ記事

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です