自分の殻を破るための具体的な10個の方法!

自分の「殻を破りたい!」って強く思っている人や他人に公言しているような人、あるいは自分の殻を破る方法って、具体的にどんなことをすればいいだろうと前向きに考えている人でも、実は一方で「殻にこもりたい」とも思っています。

あなたの潜在意識に一度問いかけてみれば、そのことが簡単に理解できるでしょう。

これは心理的なメカニズムです。

今あなたが、「殻を破りたい」と方法はなにかと考えるとき、実際は殻を破れていないと感じているからそう思うわけで、あなたの意識のなかには「殻にこもっている」自分の姿があります。

どれだけ理性的に認識し、感情的に現状から脱却したいと願っていても、潜在意識のなかには「現状維持の枠に収まっていたい」という欲求があります。

これが、多くの人が殻を破れない、もしくは殻を破ることに手こずってしまっている理由です。

本日は、心理的な「殻を破る」ための方法についての10個挙げていきます。殻を破るためには、ある種の自己解放が必要になります。

例えば、心のなかで抵抗しているのに、無理に人前に出ていって話す訓練ばかりしても、へたをするとよけいに固い殻に閉じこもる結果になりかねません。

自分の心理的な「殻を破る」を実践する10の方法!

①殻を破るための方法「感情を抑圧しない」

感情を抑圧しないこと。つまり、自分の感情に噓をつかないということです。

大多数の人は、たいして頑張りたくもないのに、無理やりにその気持ちを抑えて頑張っています。

そうしなければ、安心は得られないと思っているからです。

残念ですが、その試みは逆効果で、頑張れば頑張るほど安心から遠ざかります。

頑張るほど心のエネルギーが低下し、成果が出にくくなり悪循環に陥りやすくなります。(私もそうです)もう少しリラックスしましょう。

そして、そんなあなたに身体はとても正直にサインを送ってくれます。

無理に頑張っている人は、必ず病気になります!

無理をするほど、大きな病気になりがちです。

実際にはとっくに身体からサインが送られているのに、サインを無視する習慣がついていて事態を悪化させます。

肩こりや腰痛や微熱ぐらいなら、まぁ気持ちで乗りきってやろうじゃないか!とか思ってませんか?

自分の感情を偽る癖がついていると、心と身体の自然な調整作用がうまく働かなくなります。

時には不安になることがあっても大丈夫なので、そんな感情を抑圧させてよけいに悪化させることがないようにしましょう。

また、いい人になろうと努めるのも「ほどほど」にしておくべきです。

人間というのは、自由が最も自然で無理のない状態なわけですが、過剰にいい人になろうとすると不自然な自制を強いることになります。

悲しいことに、人との交流が円滑になるどころか、かえって問題を抱えるようになってしまう場合も多いです。

あわせて読みたい

②殻を破るためには「比較しない」

自身の殻を破るためには他人と比較しないことです。

どんなにあなたが優れた能力を持っていても、他人と比較してしまうことで、人は簡単に自己否定や自己嫌悪の泥沼に落ちてしまいます。

よーっく考えてみてください、自分の頭のなかを落ち着いて見つめてみると、結構他人と比較していることが多いと気づくのではないでしょうか。

給料や収入の多さ、学歴の高さ、預金の多さ、恋人のルックスの良し悪し、学校や仕事の成績などなど。

これらはあなたの個性を形成する部分的で些細な要素であって、このへんのことを優劣の差であると捉えていると、いつまでも「殻を破る」ことはできません。

比較するのはやめて、個性の違いに目を向けすべてを受け入れて称賛しましょう。

楽しさの溢れる場所には、他人との比較が入り込む余地がありません。

楽しい環境に身を置くということは、自己否定や自己嫌悪の罠から逃れるよい方法です。

③殻を破るためには「人間関係はあなたの内面を映す鏡!内面を変化させよう」

ありきたりですが、人間関係は鏡のようなものです。

人間関係どころか、あなたを取り巻いている現実というのは、あなたの心を忠実に反映したものです。

例えば、人間関係を今より良好に変えたければ、外側より、あなたの内面に向けて働きかけなければいけないということです。

外にいくら働きかけても、あなた自身の内面が変わっていなければ、まわりの人も何も変わりません。

どんなに誰もが尊敬できるような素晴らしい人がいても、あなた自身が卑屈な心で接すれば、あなたにとってその人は最悪な人に見えることでしょう。

また、面白いことに卑屈な心の人と、豊かな心の人とが出会うことはめったになく、出会っても深い交流にはなりません。

ですから、卑屈な心の人のまわりには、やはり卑屈な心の人が集まるというわけです。

そんな人間関係にならないために、自分の内面を磨いて自分の殻を破る方法を試してみてください。

昨今は人間関係に悩んで、会社を辞める人もがたくさんいますが、たいてい次の会社でも人間関係に悩まされることが多いです。

それは、その人自身が自分を変えようとしておらず、「まわりさえ変わればいいのに」と無駄な期待をしているからです。

人間不信な人が人間関係を豊かにしたいといっても、それは無理です。まずは人を信じ、人を好きになれるように変わっていかなければいけません。

自分を変えること、自分の殻を破ることにもっと積極的になりましょう。

それが最も効果的で、最も手っ取り早い解決法です。

自分を変えるためには、「体験」するのが手っ取り早いです。

人間不信の人であれば、ホントに困っているときに親切にされたという体験から、すべてが変わる可能性があります。

自分の価値が低いなんて思っている人が、他人からものすごく感謝された体験を経て、自分の価値に目覚めるかもしれません。

結局、何か体験することが手早いです。あなたにはそんな「体験」が必要かもしれませんね。

人間すぐには変われませんが、不安や恐れに物怖じせずに進んでいけば、自然と着実に変わっていけるものです。

それが、自分の殻を破る方法です。

④殻を破るためには「どんな人との交流もメリットがあると考える」

人との交流のなかにメリットがあるのか、それともないのか?

殻にこもりがちの人は、デメリットが大きいと認識してしまっています。

確かに、過去に人間関係で傷ついたかもしれないし、自分の意見を否定されたかもしれないし、最悪騙された経験もあるかもしれません。

しかし、安心してほしいのは、どんな交流もメリットのほうが上回っているということです。

「いや、私は何年も前に受けた心の傷を今も引きずっているし、デメリットがはるかに上回っている」という方もいるでしょう。

しかし、「そのときの交流はもうとっくに終わっています」

もうその人との交流は終わっているのに、自分自身が殻にこもって、その傷を大事そうに持っているにすぎません。

これって凄く損なことだと思いませんか

そろそろ、自分の殻を破ってもいいはずです。

確かに、これからも傷つくことはあるかもしれません。

しかし、そうして怯えながら人と接するのと、どんな交流もプラスになると思って人と接するのではかなり差が出ますよ。

さきほども言いましたが、あなたの人間関係はあなたの心を反映していますので、明るく前向きで、オープンな心で交流しようという人は、素敵な人とばかり出会うものですよ。

自分の殻を破る方法を試してみてくださいね。

あわせて読みたい

⑤殻を破るためには「どんなことにも楽しみを見出す」

現状を少しでも楽しむことで、よけいな緊張も取り除くことができます。プレッシャーから解放されます!

誰でもあなたにも、内面には、人生を楽しみたいという欲求があります。

ですので、楽しむことを抑えれば抑えるほど、感情を抑圧させてしまうことになります。

感情を抑圧させ過ぎてしまうから、お酒などに解放の場を求めます。それだけ仕事中に無理をしているということです。

頑張る!ということで無理してるのではないでしょうか。

自身の殻を破る方法として、頑張りすぎず、自分を見つめ直して自由で自然な状態になることを重視しましょう。

⑥殻を破るためには「頑張らない」

さっきも言ったんですが、頑張らないことです。正確には張り切る!

私は「自分の殻を破りたい」と悩みの相談を受けたときによく言います。

「コツは頑張らないこと。頑張るのではなく、張りきってください」と。

この違いは結構大きいです。

やっている行動は同じであっても、「~しなければいけない」と頑張るのと、「~したい」と張りきるのとでは、成果に大きな違いが出るだけでなく、精神の健康にも格段の違いが出てきます。

不思議なことに「~しなければいけない」で大成功した人はあんまりいません。

大成功した人は、みんな「~したい」です。

頑張ることは感情を抑圧し、心と身体の分離を起こしながら達成しようとすることです。

決して長持ちしません。張りきることは、感情を解放し心と身体が調和した状態で達成しようとするので、効率もよく長続きします。

楽しむことと、張りきること。この2つをぜひ心がけてみてください。

⑦殻を破るためには「自分のため、他者のために、バランスよくエネルギーを配分する」

自分のためばかりになっているな、と感じる人は、より他者のために行動できるよう注意を払ってください。

他者のためばかりになっているなと感じる人は、より自分を喜ばせる方法を選択してください。

殻を破る方法として、このバランスが重要です

たったの2日で英語が喋れるを約束!【 English Boot Camp 】

⑧殻を破るためには「あなた独自の価値観を表明する。ただし、わからせようとしない」

あなたは、もちろん思う存分自分の思うことを語っていいです。

それを行動で表わしてもOKです。

しかし、人の価値観は違うので、あらゆる価値観を尊重することが大切です。

他者を手放しで賞賛することを忘れると、あなたは自分の価値観で他者を評価したくなります。

そうすると、あなたには納得のいかないことがたくさん見て取れるので、その人たちにわからせたくなります。

他者にわからせようとしすぎると、否定や批判の言葉が多くなり、押しつけがましくなり説教臭くなります。

殻を破る方法として、あなたの価値観を表明してみてください。

在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】

⑨殻を破るためには「相手に最高の姿を見る」

他者とより密接になるには、誤解と偏見をなくし誰であっても平等に、愛を持って見ることができなければいけません。

これは大変難しいことです。私自身も、いつもテーマとして心に抱いています。

愛を持って他者を見ることができるということは、他者の価値観を尊重するとともに、他者の最高の姿を見るということです。

つねに相手の美徳に溢れた姿を見ようとすれば、より密接に関係になります。

これは、「誰であっても最高の美徳を持っている」という前提があって成り立ちます。

誰もが最高の美徳を隠し持っているのであれば、それを見ようとすることで、相手からその美徳を引き出せるようになります。

そうすることができれば、実に素晴らしいと思いませんか?

自分が安心感を手にするためにも、他者に対してできるだけ最高の姿を見るようにしてみてください。

いいところなんて一つも見えなくても、善の部分は持っています。

その善の部分を表に出してあげるのが、あなたの意識のフォーカスというわけです。

あわせて読みたい

⑩殻を破るためには「今に感謝して、今を楽しむ」

どれだけ「今」という瞬間をポジティブな気持ちで迎えられるかで、あなたの殻を破る力は大きく変わります。

自分がメインとなって、話ができるその機会に、まず感謝してください。

そして、あなたの話を聞くために集まっている人たちに対して感謝してください。

感謝の気持ちが、最高のものを届けたいというエネルギーに転化されます。

例えば、あなたが会社などでプレゼンやスピーチを行なうときも、いや、人生のすべての局面において、楽しむことを第一に考えることができれば、あなたはよけいな不安や恐れに苛まれることなく、自分の殻を破り、至る所で成功を収めるでしょう。

≪国内旅行≫登山・温泉・おひとり参加限定など、テーマ別ツアーが満載!

まとめ

さぁどうでしょう。

この自分の殻を破る方法の10個は、人生哲学や成功哲学にも通じます。

心理的な殻を破ることができたら、輝かしい未来への扉が開け、ますます新しい刺激的な展開があなたを待っていますよ。

年会費永年無料のエブリプラス

オススメ記事!

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です