ステロイド点眼液を使うと緑内障になるって本当?日頃からの予防が大切!

ステロイドと聞くと、体にあまり良くないのではないかと思う人が多いのですが、実は炎症を強く抑えてくれる働きがあるので、必要に応じて処方されることがあります。

内服としてや点滴のように全身に使用される場合や、軟膏や点眼のように局所的に使用されることもあります。

今回は、眼科で処方されることが多いステロイド点眼液が緑内障になる原因だという噂を徹底的に検証していきます。

実際、緑内障の患者さんにはステロイド点眼液が処方されることも珍しくなく続発緑内障の方には必要な処方とされています。

なぜそのような噂が出たのか、真実はどうなのかを解説していきます。

緑内障とはどんな病気なのかを知りましょう

緑内障という病気は、視神経に問題があり、視野が狭くなったり、部分的に物が見えにくくなるという状態の病気です。

正面を向き、まっすぐ前を見た時に片方の目で見える範囲を視野と言うのですが、この病気になると視野自体が狭くなってしまいます。

初期の状態では、中心部から離れた場所に見えづらさを感じることはあっても、見えない部分が小さい為に自覚症状がほとんどないと言われています。

一般的には、鼻の上あたりから見えなくなっていき、進行していくと中心部分から見えない場所がどんどんと広がっていきます。

この状態になって初めて眼科を受診するという人が多く、すぐに治療を開始しなければなりません。

視野が狭くなる障害の原因は、視神経が障害されることにより引き起こされます。

視神経が障害される原因は様々です。

また、眼球に張りを与えて形を保つ圧力を眼圧と言い、私たちが物をきちんと見る為には一定の張りを与えなければなりません。

その眼圧を保つ為には、房水という水分が必要になってくるのですが、緑内障の患者さんはこの水分が過剰になっていることが多く、それによって高くなり、視神経を圧迫してしまうのです。

これが一つの原因とも言われています。

あわせて読みたい

緑内障とは、どんな種類があるのでしょうか?

緑内障には種類があり、眼圧の高さによって分けられています。

  • 原発開放隅角(げんぱつかいほうぐうかく)
    線維柱帯とシュレム管が詰まることで、房水の排出がうまくいかなくなることが原因。
    その為、眼圧が上昇し、症状が徐々に進行していきます。

 

  • 正常眼圧
    眼圧自体が正常値であるものの、視神経が障害を受けているケース。
    日本では一番多い状態であり、患者の6割を占めています。

 

  • 原発閉塞隅角(げんぱつへいそくぐうかく)
    隅角が狭くなり閉塞状態になります。
    房水の排出がうまくいかなくなる為、眼圧が上昇してしまいます。
    急激に始まることが多く、急性緑緑内障発作と呼ばれ、
    眼の痛みだけではなく頭痛や吐き気に襲われることがあります。

 

  • 発達
    先天的に隅角に異常がある場合を言います。
    視力の障害を止める為にも早期の手術が必要になってきます。

 

まず、これらのどれに当てはまるかを検査し、診断してもらいます。
検査方法としては、眼圧・隅角・眼底・視野の検査を行い、どのように治療をしていくかを決めていきます。

治療に関しては、薬物・レーザー・手術がありますが、どれか一つというよりも組み合わせて治療をしていくことが多いでしょう。

あわせて読みたい

 

ステロイド点眼液で緑内障になるのは本当?

ステロイドには抗炎症作用があるので、かゆみや充血を抑える為によく処方される点眼でもあります。

しかし、ステロイド点眼液には副作用があるとも言われています。

その中の一つがステロイド緑内障です。

ステロイド点眼液を使用することによって眼圧が上昇してしまう為、長期間使用していくことで徐々に進行させてしまうことがあります。

視野が狭くなってしまったり、一部が欠けて見えてしまう状態になるまで気付かないでいると、勝手に良くなるということが無い為、注意が必要です。

また、通常アレルギーなどの症状に対して出されるものはそこまで心配する必要がありませんが、ぶどう膜炎や手術後の炎症を抑えるために使用される
ステロイド点眼液は強い薬の為、症状が出てしまうことがあります。

代表されるのはリンデロンという薬です。

ステロイド点眼液を使用するにあたり、眼科医が様子を見ながら眼圧を下げる点眼を処方したり、使用を中止したりしていくので、基本的にはあまり心配はありません。

眼に異常を感じた場合はすぐに診断を受けること、処方された通りに使用することなどが大切になってきます。

また、ステロイド自体は長期間使用することに適していないことも頭に入れておきましょう。

まとめ

ステロイド点眼液を長期服用することで病気になってしまうリスクがあることがわかりました。

しかし、処方をしっかり守っていればほとんど問題なく過ごすことができます。

また、日頃から予防をしてくことが大切とも言われているので、しっかりケアしていきましょう。

緑内障に効果がある成分としてルテインがあります。

あわせて読みたい

 

ルテインにはアンチエイジング作用がある為、眼の老化を防いでくれる役割があります。

また血流を改善してくれることで、生活習慣病の予防にも適しているのです。

サプリメントとして販売されていますので、眼の健康維持の為に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ミエールi

オススメ記事!

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です