それってホントに女性差別?仕事での女性特有のハンディを乗り越える具体的な方法!

現代のビジネス社会は、もともと男性が中心となって築き上げてきたものです。

ですが、仕事をする女性の数は加速度的に増えており、企業側も女性活用を積極的に進めるようになってはいるものの、女性が仕事をする上でやはりハンディ(差別)は存在します。

一例が「女性は感情の起伏が激しい」「論理的ではない」といった固定観念で、こうした女性に対する無意識のバイアスは多くの男性が持っています。

これが女性差別と考える人も多いでしょう。

とはいえ、「女である事実は変えられないから」と思考停止してはハンディ(差別)の解決には程遠いです。

「いかにハンディ(差別)を克服するかという発想に切り替えることが大切です」

例えば、普段から感情を抑え気味にすることを意識する。会話に数字を盛り込む、感覚でなく理由を添えて説明する。

といったことを意識するだけでも、相手に与える印象は大きく違ってきます。

実際に社内での自分のイメージが変わるまでには2~3年かかるといわれています。長期戦で取り組みましょう。

子育て中の女性の場合は、「退社時刻が早い」ことが、重要な仕事を任せられない理由になる場合もあります。

しかし、「自分の不在時に仕事が滞らないよう、メンバー間の情報共有を徹底するなどの工夫で、早帰りのハンディは克服できます」女性のハンディにばかり目を向けるのではなく、自分に足りないものは何かを考えることも大切です。

女性差別だ!といっても煙たがれるだけです。

女性ならではのハンディを認識し対策を立てることが、女性差別の改善になる

差別だ!という前に、女性特有とされがちな3つの弱点を知りましょう

1.感情の起伏が大きい

  • 普段から感情の露出を抑えるよう意識する
  • 自分が感情的になっていると気づいた場合の対処法を普段から用意しておく(アロマオイルがおすすめ)

 

  • ホルモン周期の関係で感情的になりやすい時期を認識しておく

2.論理的でない

  • 普段から自分がそう思う理由を考える習慣をつける
  • 会話や文章に意識して「数字」を盛り込む

3.退社時刻が早い(子育て中の女性の場合)

  • 仕事のスケジュールや段取りを正確に把握し、要所要所をしっかり押さえておく
  • 進捗報告や情報共有を徹底する(自分がいない時間帯もチームメンバーが困らないようにする)
  • 締め切りの前倒し、期待を上回るアウトプットなど、常に「プラスアルファ」を心がける(意欲が伝わり信頼を得られやすい)

「女性だから」という以外に理由があると考え自分に足りない点を探す

まず、大前提として女性活用が社会全体の課題であり、人手不足でもあるこの時代に女性差別をする会社は減っているはずです!

まず上司に聞いてみる

任せてもらえない理由を上司に率直に聞いて聞いてみる

意欲を示す

「必ず成果を出すので任せてください」と意思表示をする

前向きな言葉で聞くが鉄則!

✕どうして私ではだめなのですか

○何を身につけたら任せてもらえますか

あわせて読みたい

 

まとめ

何度もいいますが、重要な仕事を任せてもらえない理由を上司に直接聞いてみるのも結構有効です。

正直に言ってくれない場合もが多いかもしれませんが、何らかのヒントは得られるはずです。

「必ず結果を出すので自分に任せてほしい!」と言い切るぐらいの積極性をもちましょう。

心の元気を応援

オススメ記事!

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です