高い電気代(料金)を安くしてお得に節約・倹約しよう!安心な電気会社を無料で比較提案してくれるサイト!

皆さんこんにちは。今年も夏が終わり秋らしくなってきましたね。

大分涼しく過ごしやすい日も増えてきました。

エアコンも付けなくなり、ようやく公共料金が落ち着くのではと思いきや、台風やらゲリラ豪雨、夕立ちなんかばかりで天気に恵まれない日ばかりです。

そんな天気なものだから洗濯物は乾かず…結果乾燥機を利用して電気を使うはめになってしまいました。

しかし、本当に電化製品というものは便利ですね。

便利だから面倒だからと利用してしまいがち。その結果上がる上がる電気料金。

楽をしようと利用する電化製品

→多額の電気料金の請求
→働いてお金を稼ぐ
→疲れる
→最初に戻る

このようになんだか意味のなさそうなサイクルになっていませんか?

疲れる為に働いているわけではないのですから、もっと欲しいものを買ったり、行きたいところに行ったりしたいですよね。

今回の内容は「電気代(料金)を今より安くしたい」そんな方々にオススメです。

無料で電気料金プランを比較して電気代を今より安くする方法はこちら

電力の自由化

まず始めに電力の自由化というものをご存知でしょうか?

公共のライフラインである電気、皆さんはどのようなイメージで利用していますか?

生きる為に必要なものであるのもあり、電気というだけで購入を決めてはいませんか?

結果からお伝えすれば、それでは損をしている可能性が大きいです。

ここで現在における「電気」という商品を身近にある「お米」と置き換えて考えてみましょう。

皆さんはお米をどのように購入していますか?

恐らく近所のスーパーなどで購入しているのだと思いますが、お米を購入する際にそのスーパーしかなければそこで購入せざるを得ません。

それが電力の自由化以前の状態だと思ってください。

しかし、近所に新しいスーパーや商店が出現し、顧客を獲得しようと商品の値段を下げたり、ポイントカードやセット割引などサービスに工夫を凝らし始めました。

それが電力の自由化以後の状態だと思ってください。

このように「電気」も同じように販売元が複数出現し、各事業の競い合いによるサービス向上などから自分で魅力を感じ利用したい電気事業を選択できるようになったのです。

電気代(料金)を安くするには

以前ガス料金を安くしましょうの回があったのですが、今回はその電気代(料金)バージョンの話になります。

あわせて読みたい

 

電気事業にもガス事業と同様に、前章で述べました自由化による複数の電気事業と様々なプランやサービスがあります。

今回の最大のポイントは、現在利用している電気事業とプランに変更することで電気代(料金)を安くする事ができるということです。

つまり、快適な暮らしを妥協し節電することによって使用量を減らすのではなく、大元の単位料金を落とすことによって節約を図ります。

今までの生活となんら変化をつけることなく、ただただ電気料金を減らす事ができるのです。

とってもうまい話ですよね。裏なんかありません。

ただ、苦労せずにそれを行うにはちょっとしたやり方があります。

電気チョイス(電気料金比較ナビ)

前章で述べました「電気の単位料金を落とし節約を図る」ということですが、情報化社会である現在であっても自分で沢山の電気事業と各プランの内容を調べ、理解、比較し、さらに自分に適した条件のものを決定するのはすごく難儀です。

だって、自分で各社を比較検討してみるなんて、はっきりいって

めんどくさいですよね?

各事業のインターネットのサイトに記載されているものが全貌であるかも定かではないですし、いざ決定して契約をした後に調べ損ねていた有益なプラン等の存在を知っても嫌なものです。

電気チョイス(電気料金比較ナビ)では、そういった大変で面倒な調べたりする作業も、不安な気持ちで手続きしたりすることもありません。

電力切り替えや電力プラン等に精通したプロが要望に沿ったプランを提案してくれます。

完全サポートなので相談から始まり、決定、契約まで迷うことなく手続きを進めることができます。

しかも、これらのサービスが無料で利用することができますから、得することしかありません。

電気チョイス 公式サイトはこちら(無料)

得すること 損すること

先程から電気事業を変更することで得するですとか損しないですとか、そんなことばかり言っていますが具体的にどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

それぞれ挙げてみましょう。

☆メリット

  • 今までより安い料金で電気を利用することができる
  • 今までになかったサービス、またはより良質なサービスを利用することができる
  • 切り替えにかかる事務費用や初期費用は0円

★デメリット

  • 切り替えるに当たって、調べたり手続きしたりすることに手間や時間がかかる

 

上記のようなメリットがあります。

デメリットも1つありますが、それを解決してくれるのが前章で紹介しました電気チョイスというわけです。

ちなみに、電気事業を切り替えるために当たって工事なども不要ですし、品質が落ちたり停電が起こるようになったりなど不具合が新たに生じる心配もありません。

安心安全簡単に節約ができるというわけですね。

高い電気代(料金)を安くするための3ステップ

STEP1

電話かネットから申し込みしましょう!

STEP2

数日で連絡があります。

希望に沿ったプランを紹介してもらえます。

STEP3

検討してみて、良さそうなら契約。

無料で今よりお得になる電気会社を提案してもらう

Twitterで電気料金についての声

電気料金の比較と導入例

電気事業によっても料金は様々です。

各事業の電気料金の比較と料金削減された導入例を見てみましょう。(セット割やポイント等は加味しない)

料金比較

東京電力(TEPCO)

電灯基本料金(60A):1684.80円
電灯従量料金 〜120kWh:19.52円
〜300kWh:26.00円
動力基本料:1046.52円
動力従量料金(1kWh当たり)
夏:17.06円
冬:15.51円

ハルエネでんき

電灯基本料金(60A):1684.80円
電灯従量料金 〜120kWh:19.52円
〜300kWh:26.00円
〜301kWh:28.52円
動力基本料:1046.52円
動力従量料金(1kWh当たり)
夏:17.06円
冬:15.51円

株式会社坊っちゃん電力

電灯基本料金(60A):1600.00円
電灯従量料金 〜300kWh:22.00円
〜301kWh:25.00円
動力基本料:1000.00円
動力従量料金(1kWh当たり)
夏:16.00円
冬:16.00円

ミツウロコでんき

電灯基本料金(60A):1684.80円
電灯従量料金 〜120kWh:21.43円
〜300kWh:22.63円
〜301kWh:25.24円

ENEOSでんき

電灯基本料金(60A):1684.80円
電灯従量料金 〜120kWh:19.52円
〜300kWh:24.09円
〜301kWh:25.75円
動力基本料:950.40円
動力従量料金(1kWh当たり)
夏①:16.77円
②:18.59円
冬①:15.22円
②:18.48円

※①:110kWhまでの料金
②:110kWh以上の料金

導入例

①学校、保育園、幼稚園
before:124784円/月
after:115115円/月 (-9668円/月)
年間削減額:116016円/年
(削減率7.7%)

②スーパー
before:92106円/月
after:86580円/月 (-5526円/月)
年間削減額:66312円/年
(削減率6.0%)

③ホテル、旅館
before:97421円/月
after:88016円/月 (-9405円/月)
年間削減額:112860円/年
(削減率9.7%)

④病院、クリニック
before:63297円/月
after:57256円/月 (-6041円/月)
年間削減額:72492円/年
(削減率9.5%)

⑤家電量販店
before:37639円/月
after:35086円/月 (-2553円/月)
年間削減額:30636円/年
(削減率6.8%)

⑥書店
before:22560円/月
after:21320円/月 (-1240円/月)
年間削減額:14880円/年
(削減率5.5%)

⑦レストラン
before:189959円/月
after:161703円/月 (-28256円/月)
年間削減額:339072円/年
(削減率14.9%)

⑧理美容
before:42913円/月
after:39073円/月 (-3835円/月)
年間削減額:46020円/年
(削減率8.9%)

⑨介護、デイサービス
before:144529円/月
after:130675円/月 (-13854円/月)
年間削減額:166248円/年
(削減率9.6%)

利用目的、条件は様々ですが、年間で平均8.7%、最低でも5%強の料金削減が実現しています。

電気チョイス(電気料金比較ナビ)利用の利点

難しい操作や面倒な作業はなくWEBで簡単なテンプレートの入力だけで相談、見積もりが無料で行えます(お急ぎの場合や相談内容が具体的な場合は電話でも利用できます)

勿論、切り替え等を特に考えていなかった方で当記事を読んでくださって興味がわいた方、試してみようと思ってくださったりしていたら利用してみてください。

さらに、30,000円キャッシュバックキャンペーン等(各条件有り)も行っていたりと、電気料金削減以外にお得な情報がありますのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい

 

まとめ

  • 今までの電気料金より安く利用することができる電気事業わプランがある可能性がある
  • 各電気事業やプランの内容や価格、サービスは様々
  • 自ら調べたり比較したりせずとも自分に合ったプランを相談、提案してくれるサイトがある
  • サイト利用は無料で、相談から契約まで完全サポートしてくれる
  • サイトを利用することでもお得なキャンペーンがある
  • 電気事業を切り替えることのデメリットがサイトを利用することで殆ど無い

いかがでしたでしょうか。節約は我慢でなく工夫から始めてみましょう。

自分にとってより良い条件のプランが見つかるはずです。

電気チョイスで、無料でお得な電気会社を提案してもらい、最大30,000円キャッシュバックをもらう

おすすめ記事

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です