CATEGORY 仕事

仕事

『すぐやる』人の3つのメリット!『1%ルール』を説明します!

そんなことをあれこれ考えて、仕事に手をつけるのが遅れてしまい、締め切り間際にバタバタする。こんな経験はないでしょうか?仕事を早く終わらせる最強の方法は、『すぐやる』ことです。単純ですね!仕事が速い人は、仕事自体のスピードもさることながら、仕事の依頼を受けてから着手するまでが早いです。

仕事

ビジネスシーンにおける謝罪のマナー!正しい謝罪の仕方を説明します!

どんなに注意深く仕事をする人でも、『もらい事故』のようなミスをし、謝罪する側に立たされることがあります。火事もビジネス上のトラブルも『火種が小さいうちに始末する』のが肝心です。ミスした後の『最初の一歩』を踏み間違えてしまうと、問題が大きくなってしまいます。真面目で失敗経験が少ない人ほど『叱られたくない』という気持ちが働き、頭に血が上りがちです。ミスした後の判断力は普段の1割くらいまで下がっていると考えましょう。

仕事

上手くいかない時は、他人に話すことで解消しよう!問題解決の第一歩!

何かに悩んだり、迷ったりしている時、あなたはどうしていますか?こういう時は、とにかく人と話すことをオススメします!特に、アイディアが漠然として考えがまとまらない時や、悶々と悩んでいる時は、かなり効果的です!誰かに話をしているうちに、自分の考え方がまとまってきたり、いい解決策がひらめくのはよくあることです!それは、誰かと話をしている間も、脳の中では情報を整理したり、付け足したりつなげたりしているからです。

仕事

承認欲求を強い人必見!承認欲求を満たすには『好きなことをやる!』が最適!?SNSを有効活用!

承認欲求が満たされる喜び。少し古い情報ですが、NTTデータ経営研究所が2010年9月にネットを通して実施した「働きがいに関する意識調査」では、「現在、働きがいを感じていますか?」との質問に対して52.4%の人が「感じている」または「やや感じている」と答えています。これら働きがいを感じているグループが、その要因として最も多く掲げていたのが「価値実感」(91.7%)でした。ようは仕事の価値や、自分の価値。それらを感じられている時、人に認められている時こそやりがいを感じている、喜びを感じるというわけです。

仕事

残業時間の上限は?残業したら残業代(手当)をしっかりもらおう!サービス残業は違法!

「土日もなく働かされている……」
「毎日深夜まで働いているのに、残業手当がもらえない……」こんな話をよく聞きます。特に若い社員は、上司から命令されたら従わざるをえませんし、上司が帰る前に自分が帰りにくい、という場合も多々あるはずです。もちろん、仕事を覚えるために必要な残業もあるでしょう。ですが、何より大事なのは自分の心と体です。心身を壊してまで仕事をしなくてはならないとしたら、それはやはり問題ですし、そういったことがないように、労働基準法という「武器」があるのです。

仕事

営業職は残業ばっかりで大変?給料はいいし魅力はたっぷり!転職の際は候補の1つに

営業職のイメージってどんな感じでしょうか?『キツイ』『シンドイ』『ノルマが膨大』『サービス残業』こんなイメージが多いと思います。でも、実際慣れてしまえば、ホントのブラック企業じゃなければ、こんなのは楽勝です。売れる営業マンなら給料だって良いハズです。営業職として成功を収めるには、相手といい関係を築く能力、拒否されてもくじけない精神力、フットワークの軽さなど、さまざまな能力が必要です。今回ご紹介するのは、その中でも『説明力』と『プレゼンテーションスキル』です。扱っている、商品・サービスの内容が聞き手に上手く伝わらなけば、それを買う人はいないですもんね。

仕事

プレッシャーに弱い人必見!プレッシャーを軽減して集中力を高める方法!

会社じゃなくても、人前で発表することは緊張しますよね。そんな時、普段通りであれば簡単にできるはずのことでも、精神的な重圧、いわゆるプレッシャーのためにうまくいかないということがあります。プレッシャーを感じると、どうしてうまくいかないのか?
それは精神的な重圧を感じると、脳の前頭葉が正常に働かなくなってしまうからだそうです。そうなると、普段通りの思考や、行動が出来なくなってしまうのです。この重圧から逃れられる人はいません!

仕事

仕事を楽しむ余裕を持とう!ストレスで辞めたいなら無理せず転職!

人生は面白く楽しく生きたいものです。そのためには極論、自分の好むことだけをするに限ります!また、自分の世界を自分でコントロールできると最高だと私は思います。そのためには、自分にとって活動しやすい環境になっていなくてはならないでしょう。
それはつまり自分にとって、非常に面白い環境であるということです。

仕事

感謝の気持ちや言葉が、仕事やビジネスにも有効な理由!『感じの良い人』になろう!

あなたにとって仕事を達成するに至ったパートナーや契約者、お客さんに心から感謝してください。言葉にしてお客さんに『どうも、ありがとうございました』とお礼を言うのはもちろんですが、そのお客さんと別れた後も心の中で『ありがとうございました』と感謝の気持ちをお客さんに送り続けるのが重要。こうすることによって、また新たな仕事へのやる気にもつながって行きます!

仕事

仕事に役立つアイデアが湧き出る発想法!ブログのネタ探しにも使えるかも?

仕事や副業、例えばブログなんかをしていく中で、新しいアイデアを求められる場面があると思います。ブログで言うならネタですね。仕事なんかでも上司から『来週までに新しい企画を10個用意するように!』と言われた場合あなたはどのように解決しますか?
机の前にかじりついて頭を捻ったところで、スラスラ浮かんでくるという人は少数派なのではないでしょうか?そもそも、アイデアは全くのゼロからでは簡単に生み出せるものではありません。