【2018年】おすすめ4Kテレビ4メーカーを徹底比較!4K放送いよいよスタート!

2018年12月1日より、いよいよ4K放送がスタートします。

デジタル放送、ついにここまで来ましたか!

2020年には、東京オリンピック(第三十二回オリンピック競技大会)という最高のコンテンツも用意されています。

そろそろ4Kテレビ、買ってみませんか?

「4Kなんか必要ない」

「地デジ放送は4Kじゃない」

「4Kチューナー内蔵じゃないと意味ない」

「そのうち8Kになる」

ハイハイ、わかりました。

わかりましたから、とりあえずテレビ売り場へお越し下さいませ。

主力4メーカーのおすすめモデルをご案内させて頂きます!

そもそも4Kってなに?

「急に4K4K言い出したけど、4Kって結局何なんですか?」

そんな声も実は多いです。

「4K」とは、テレビ画面が表示出来る解像度が829万画素であることを示しています。

2K(フルハイビジョン)の207万画素と比較すると4倍の解像度ですが、4K=4倍ではありません。

「4K」の「K」は、一十百千…の千を表しています。

つまり、4K=4,000

映像を4K表示出来るテレビは、デジタル信号の最小単位である画素が、水平(横)に3,840個、垂直(たて)に2,160個あります。

水平画素がおよそ4,000のテレビのことを、一般的に「4Kテレビ」と呼んでいるのです。

しかしテレビ売り場でよーく見てみると、ほとんどが「4K対応テレビ」という表示になっています。

「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」

この2つは、別物なのでしょうか。

当初メーカーも量販店も、解像度が4Kのテレビのことを総じて「4Kテレビ」と呼んでいました。

それが徐々に、4Kチューナー非搭載のモデルは「4Kテレビ」ではなく、「4K対応テレビ」であると言われるようになってきたのです。

別売りの4Kチューナーを接続して、4K放送に対応するという意味です。

ただしこれは販売する側の線引きであって、そう言い方にこだわる必要はありません。

「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」

その両方を指して、「4Kテレビ」でよいのです。

4Kチューナー内蔵テレビはお得なの?

2018年6月、東芝から国内初の4Kチューナー搭載テレビが発売されました。

発売前からレグザファンをはじめ、4Kテレビを検討中の人々の間で話題になっていましたが、実際売れ行きは上々のようです。

やはり4Kチューナー内蔵モデルは需要が高い?

4Kレグザは「買い」なの?

他メーカーモデルと比較してどうなの?

気になりますね。実際のところを見てみましょう。

東芝以外のメーカーが4Kテレビを出してくるのは、11月以降と予想されます。

それまでは東芝の独壇場ということになりますね。

せっかく新しく買い換えるのに、「4K対応テレビ」では意味がない。

そう考える人にとっては、待ち焦がれたモデルでしょう。

 

しかしです。

 

真のレグザファンなら発売前から薄々気づいていたと思いますが、ニューモデルの型番があやしい。

有機ELモデルはともかく、液晶モデルの型番を見て「あれ?」となったはずです。

M520X/BM620X/X920(有機EL)というのが新レグザの型番ですが…

 

そう、Zシリーズがない!

 

つまり液晶の高画質モデルがないのです。

レグザと言えば、断然Zシリーズへの渇仰が熱い。

ヤフオクやメルカリでも、Z20XやZ810X(いずれも生産完了)はまだまだ高値で売れます。

 

高輝度と超解像エンジンを誇る、もはや伝説のモデルです。

その後継機がない、ですね。

9月末に急遽Z720Xが追加されますが、これじゃない。

 

こちらはBZ710Xシリーズの後継のようですが、個人的には「Zを名乗るな」と思っています。

まあ、この話は後ほど。

M520X/BM620Xシリーズの売りは、もちろん4Kチューナーを先駆けて搭載したことです。

でもそれ以上に、価格の安さで勝負に出てますね。

だって65インチの4Kレグザが、20万くらいで買えちゃうんですよ!

ありえない。

ちなみにパナソニックの65インチは30万円台半ば。

ソニーも9000Fシリーズならそれくらいです。

 

4Kチューナー入ってるのに、他メーカーの非搭載モデルよりかなり安い。

とてもわかりやすいお得感です。もう買うしかないかもです。

 

でもちょっと待って!

 

4Kチューナー必須ということは、4K放送を視聴する気満々ですよね。

せっかくの4K放送、M510XやBM620Xで観たいですか?

画質レベルは価格が表しています。

是非、店頭で各メーカーのハイスペックモデルと比較してみて下さい。

どうですか?

「滑らかなグラデーションや細かいディテールを再現する新映像エンジン」が、お値段以上の高画質を生み出していますか?

大きくて安いテレビをお探しなら、かなりお得だと思います。

4Kチューナー内蔵の高画質モデルを検討されているなら、残念ながらハズレです。

「レグザ=高画質」ではありません。

「Z=高画質」が正解です。

どうしてもレグザがいいなら、Z720Xシリーズを待ってみることをおすすめします。

市場想定価格は49インチで20万前後、55インチで24万前後とちょっとお高めですが、その分レグザらしさを取り戻しているかもしれません。

Zの悲劇

私が「伝説のモデル」とまで言い切ったレグザのZシリーズですが、決して大袈裟ではありません。

だって、Z810Xシリーズの後継モデルは結局出ないのですから。

 

東芝映像ソリューション株式会社が、中国の電機メーカーの傘下に入ってしまったことがやはり関係しているのでしょうか。

最後の最高画質モデルとなってしまいました。

9月末に発売予定のZ720Xは、その型番からしてBZ710Xの後継モデルでしょう。

ホームページで確認すると、「新開発全面直下型LED」「新映像処理エンジン」「新開発高コントラストIPS液晶パネル」…とやたら新しい。

穿った見方をすると、「新生ハイセンスレグザなのか?」などと思ってしまいます。

ハイセンスとは、2017年に東芝の映像事業を買収した中国の大手電機メーカー。

中国におけるテレビのシェアは、13年連続トップを達成しているとのことです。

Z810XとBZ710Xが店頭に並んでいた頃。

両モデルともZを冠していましたが、比較してみるとまったくの別物であることに驚かされました。

どちらも「レグザエンジンBeauty PRO」「高色域復元プロ」などを搭載。

全面直下LEDが高精細なコントラストを実現するとのことでしたが、あの差は何だったのか。

IPSパネルとVAパネルの違い?

BZ710Xに使われていたIPSパネルが、よほどコントラストも透過率も良くなかったのでしょうか。

カタログを眺めていただけではわからない差が、実物を前にすると一目瞭然。

特に49インチ~50インチの中で比較すると、他メーカーでも同レベルのものがなかったため、Z810Xはずば抜けて高画質でした。

当然価格も1ランク上。

とっくに生産終了したにも関わらず、価格.comで見ても未だ20万を下りません。

私が愛してやまないZ810Xですが、後継モデルが発表されないことが非常に悲しいです。

待ってたのに。。

新モデルのZ720Xが、「Zの名にふさわしいレグザ最高級モデル」などと各所で持ち上げられていますが、

 

…..本当に?

 

もともと発売予定のなかったモデルのはずですが、実は開発を進めていたのでしょうか。

Z720Xがハイスペックをアピールすればするほど、何となくやっつけ感を否めないのは私だけではないはずです。

期待されるレグザZ720X

この機種に関しては疑惑でいっぱいの私ですが、あくまでも個人的見解です。

Z810Xが好き過ぎてもう、ごめんなさい。

そんな私ですが、レグザの公式ホームページで「NEW」の文字を見るとやはりワクワクしてしまいます。

機能面でいうと、このモデルすごいですよ!

まず、「タイムシフトマシン」が復活。

タイムシフト対応の外付けHDDを接続することで、地デジ6チャンネル分のまるごと録画が可能になります。

過去番組表と「始めにジャンプ」ボタンで、観たい番組をいつでも視聴出来るという便利さ。

これこそレグザファンに1番支持されている機能ではないでしょうか。

地味にすごいのが「まるごとチャンネル」

地デジに限りますが、裏番組チェックが超簡単!

放送中の番組を最大6チャンネル、分割画面で同時に表示することが出来るのです。

「ぜんぶ同じニュースしてる!」なんてことが、一目でわかっちゃいますよ。

2番組を同時に視聴出来る「ダブルウィンドウ」も復活。

リモコンのボタンひとつで簡単に切り替えられます。

いちいちメニュー画面を開く必要がないのは、ポイント高いですね。

もちろんレグザリンク対応。

サーバー機能を持っているので、外付けHDDに録画した番組を、LAN接続した別の部屋のテレビで視聴することが出来ます。

また、対応サーバーやブルーレイレコーダーへのダビングも可能です。

忘れてならないのがゲーム機能ですね。

ゲームするならレグザ、というのはもうユーザーの間で常識。

Z720XにはZ810Xと同レベルの「4Kゲーム·ターボ」が搭載され、BZ710Xより遅延が低くなっています。

より快適な操作感が楽しめそうですね。

それから、音!

「重低音バズーカオーディオシステム PRO」を搭載。

出力66Wの4.1chマルチアンプが駆動して、迫力の重低音と明瞭な中高音を再現するとのこと。

ブラウン管時代の東芝バズーカを彷彿とさせる、高音質モデルになりそうです。

他にもスマートスピーカー対応、動画配信サービスなど、とにかく盛り盛りなモデルとなっています。

これで画質がZ810Xレベルであれば、まさに神テレビなのですが…

せめてBZ710Xをそのまま保ってほしい、と切に願います。

先に出たM520X/BM620Xはハイセンスレグザとして諦めますが、Z720Xには踏ん張ってもらいたいです。

大衆に愛されるシャープUS5

吉永小百合さんの「液晶はシャープ」効果は抜群で、シャープのアクオスは今も変わらず売れ続けています。

2017年12月には、業界初の8K解像度テレビを発表して話題になりました。

そのシャープの看板モデルとなっているのが、US5シリーズです。

量販店の店頭でも、売れっ子モデルとして目立つ場所に展示されていることが多いUS5、特に60US5の存在感は格別です。

 

60インチというキリのいいサイズとほどよい値頃感で、とても買いやすい(売りやすい)モデルとなっています。

US5がなぜそんなに人気なのか、見てみましょう。

たくさんあるテレビの中で、US5が一際美しく輝いて見えるのは、パネルに秘密があります。

シャープが開発した「N-Blackパネル」は、低反射なのに高発色というなかなかの優れもの。

視野角は広くないものの、正面から見た時の迫力ある映像美には目を奪われます。

思わず足を止めて見入ってしまいますね。

暖色系のカラーがより強調される傾向にあるため、明るくて朗らかな印象です。

オンキヨー(オーディオメーカー)とのコラボで生まれたサウンドシステムにも注目。

これ見よがしのごっついスピーカーではなく、まるでフレームの一部のように、画面下部にさり気なく付いています。

なかなかあざとい。

スピーカーネットをなくしているため音の抜け感がよく、クリアなサウンドがダイレクトに耳に届きます。

総出力は35Wと小さめですが、サブウーファーもしっかりありますよ。

前向きツイーター2個が追加され、音域がぐっと広がりました。

Android TVを採用したのもヒットの大きな要因と言えます。

今やYouTubeやNetflixをテレビで楽しむのは当たり前の時代ですが、その先を行くAndroid TV!

AbemaTVやGyaOをテレビで視聴出来るのも、Androidならではですね。

その他、ゲームやカラオケ、ヨガや知育など800を超えるアプリがリリースされています。

従来のインターネットテレビとは比較になりません。

これは使わないと損!

それからあまり知られていないようですが、「ココロビジョン」というAI(人工知能)が入っています。

人を感知するとテレビの電源を入れてみたり、ささやいてみたり、なんだかカワイイ。

ユーザーの好みを学習して、快適なテレビライフをサポートしてくれます。

実際に使ってる人は少なそうですが…

このように、魅力満載のUS5シリーズなのです。

サイズ展開も50インチ、55インチ、60インチと売れ筋ど真ん中。

40インチ台はあっさり切り捨てちゃってます。

シャープがイメージする購買層が、「ちょっと広めのLDKに60インチ置きたいけど、値段が高いのはいらない」と考える人々なんでしょうね。

2018年9月現在、60US5の相場は15~18万くらいです。

発売から半年以上経って、ずいぶん安くなりました。

今こそバンバン売れています。

 

シャープからもそのうち4Kチューナー内蔵モデルが発売されますが、今はとにかくUS5なのです。

私は、このモデルの1番の売りは「高見え」だと思っています。

パッと見の画質の良さ、想定外のサウンドシステム、サイズ、トリプルチューナー内蔵、スイーベル(首が回転する)、Android…これだけ付いてくれば安くても妥協した感はないはず。

もしかして本当に安物なのか?と疑われるかもしれませんが、N-BLACKパネルとAndroidだけでも価値はあります。

画質は自分が気に入ればそれでいいし、もともとテレビのみ購入予定だったのなら、フロントオープンサウンドシステムは思わぬ儲けものです。

東芝の65インチを18万で買うよりは、よほど有益でしょうね。

最も安全な着地点パナソニックEX850

有機ELやプラズマと比較して、視野角が狭いとされる液晶テレビ。

店頭でも、テレビ画面を横からのぞいて確かめている人をたまに見かけます。

「そんな真横から見ませんよね?」

「お宅ってそんなに広いんですか?」

色々突っ込みたくなりますが、気になるんでしょうね。

この視野角チェックを楽々クリア出来る液晶テレビが、パナソニックのEX850シリーズです。

パナソニックの液晶テレビは、いつの間にかすべてのモデルがIPSパネル搭載となりました。

中でもEX850は、特に高輝度のパネルを使っています。

 

前モデルDX850の1.8倍の明るさということですが、確かにIPSらしからぬクリアな画面です。

明るくてクリアで視野角が広い。無敵かよ。

パナソニックのビエラは、プラズマ時代から他メーカーとはひと味違う絵作りを見せてきました。

実際のコントラストに深い陰影とビビッドな彩色を加えた、独特の華やかさがあるのが特徴です。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」を初めてビエラのプラズマテレビ(P50G1)で観た時、一瞬でその世界に引き込まれてしまいました。

カリブ海の海賊達や、未開の島の野蛮な景色が、すごいリアルさをもって迫って来たのです。

映像そのものは、実はそんなにリアルではなかった。

当時のソニーの液晶テレビW5シリーズと比較すると、暗部の描き出しが雑で細かいディテールは再現出来ず、色補正が少々大袈裟過ぎるところもありました。

にも関わらず、ビエラは圧倒的な力で映画の世界観を伝えてきたのです。

ジャック・スパロウは、ジャック・スパロウそのものに見えました。

ブラビアでは、ジャック・スパロウを演じるジョニーデップが見えました。

こちらはまた別の意味でリアルですが。

物語に命を吹き込むビエラ。

ちょっと他のメーカーには真似出来ませんよ。

EX850は、その流れを汲んだモデルです。

独自のテクノロジー「ヘキサクロマドライブ」によって、色の忠実性を3倍にアップ。

暗部の色ズレも抑えて、自然なグラデーションを実現しました。

テクニクス(パナソニックの音響向けブランド)の高度なオーディオ技術を応用した、迫力の音響システムも是非体感してほしいところ。

最大出力100Wというのは、もうテレビのスピーカーの域を超えてますよね。

ハイレゾ対応の2つのツイーターをはじめ、ミッドレンジスピーカー、ウーハー、パッシブラジエーターを載せています。

YouTubeやNetflix、DAZNなどの動画配信サービスも充実。

YouTubeの音楽コンテンツを、ビエラの大画面とスペシャルサウンドで堪能するのもいいですね。

その他、「お部屋ジャンプリンク」にサーバー、クライアント両方で対応。

外付けHDDに録画した番組は、アプリを使ってスマホやタブレットでも視聴可能です。

ディーガとLAN接続して「過去未来番組表」を表示すれば、録画した番組、これから放送される番組を一覧でチェック出来てしまいます。これは便利!

EX850シリーズは、2017年10月に発売されました。

そろそろ生産終了のお知らせが来そうですね。

購入を考えているなら今がチャンス!

強気の価格も、60インチが20万前後まで落ちてきました。

シャープや東芝と比較すると確かに高いですが、それだけの値打ちのあるテレビです。

4Kチューナーは後付けを考えているなら、今が「買い」の超おすすめモデルです。

 

有機ELを狙え!ソニーA8F

さて、ここまで液晶ばかり推してきましたが、最後は有機ELモデルの登場です。

ソニーの有機ELと言えば、2017年6月に発売されたA1シリーズ。(生産終了)

いかにもソニー的な、クールな佇まいが非常に印象的でした。

空間に画面のみが存在する、シンプル極まりないデザイン。

画面そのものを振動させて音を出す「アコースティックサーファス」を搭載し、他メーカーのモデルと一線を画しました。

A8Fは、A1がより実用的になったモデルと言えるでしょう。

A1は5°の傾斜をつけて、スタンドに立て掛ける設置になっていました。

正面に見えるのは画面のみ、スタンド部分は見せないというこだわりのスタイルです。

やや上を向いているため、反射が気になる、寝転んで見るにはちょっと…という声もありました。

A8Fは垂直に立ちます。

支えがいらないので、A1よりも8cmほどスリムになりました。

画質、アコースティックサーファスはそのままですが、高級感は薄れましたね。

デザインは普通になってしまいましたが、画質の良さはやはりずば抜けています。

有機ELパネルの性能を最大限に引き出す4K高画質プロセッサーが云々…とありますが、とにかく画面が映し出す絵を見て下さい。

ソニーが難しい専門用語を並べ立ててくどくどと説明しているのは、実は至極単純なことです。

私達が目にしている世界が、そのまんまテレビの画面の中にあるよ、ということ。

他メーカーのモデルと比較して、A8Fの画面が「明るい」と言う人が多いです。

確かに「明るい」ですが、その明るさは見通しの良さがそう見せるもの。

繊細なグラデーションと豊かなコントラストにより、実際にその場所に立った時に見えるであろう景色を見ることが出来るのです。

花びら1枚でさえも、いくつもの色を使ってリアルに再現。

与えられたデータを、決して間に合わせの色でごまかしたりしないのがソニーの絵作りなのです。

HDR10やHLG(ハイブリッドログガンマ) にも対応、あらゆるコンテンツを最高のコンディションで視聴可能です。

液晶モデルの9000FシリーズにもA8Fと同じ「X1エクストリーム」エンジンが搭載されていますが、直下型LEDの宿命なのか視野角の狭さで損をしていますね。

有機ELパネルは視野角180°

どこから見ても劣化はありません。

スピーカー一体型モデルとしても、今までのモデルが野暮ったく感じてしまうほどのスマートさで人気を集めています。

背面にサブウーファーを2基搭載し、テレビそのものが大きな2.1chのサウンドシステムという斬新さ。

左右に配置されたアクチュエータが被写体の位置に合わせて音を作り出すことで、映像と音の一体化を実現しました。

バーチャルサラウンド効果により、更に臨場感アップが期待出来ます。

ソニールームリンクにも対応。

ブルーレイレコーダーだけでなく、nasneに録画した番組もA8Fで視聴出来ます。

薄いボディで高音質のA8Fは壁掛け設置にも最適なのですが、外付けHDDの行き場がない…っていう時。

無線LANでnasne使えるのいいですよね!

そして当然、Android TVです。

A1よりも操作感がスムーズになりました。

有機EL、どうでしょう?

4Kチューナーは入っていませんが、インターネット環境があれば4Kコンテンツは案外身近だったりします。

YouTubeで探すもよし、Amazonプライムで楽しむもよし。

ちなみに平昌オリンピックはNHKが8Kで撮影して4Kで配信してました。

ハイブリッドキャストで視聴可能でしたよ。

液晶テレビでは絞りきれないあなた。

それならもう、有機ELでしょう。

高画質、高音質、Androidでテレビライフがガラリと変わります!

おすすめナンバーワンモデル、A8Fを検討してみてはいかがですか?

 

まとめ

11月には東芝以外のメーカーも続々と4K内蔵テレビを出してくるでしょう。

単価が上がることも予想されます。

その代わり、今年の春夏モデル(4K非搭載)がどーんと値下がりしたりして。

4Kテレビだからといって、必ずしも4K放送を見ないと損!というものではありません。

地デジやネットのコンテンツも、今までのテレビよりも何倍もキレイに表示してくれるテレビとして、素直に受け入れてみてはいかがでしょう。

テレビジョンとは、ギリシャ語とラテン語が合体した言葉で「遠くを見ることが出来るもの」という意味だそうです。

それなら可能な限り鮮明に、美しく見たいものだと私は思います。

買い替えたテレビの買い取りはこちら

おすすめ記事

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です