17Live(イチナナ)の危険性・デメリット!イチナナライバーは注意しよう!

今回は、今話題の17Live(イチナナ)の危険性やデメリットについて説明していきます。

そもそも17LIVE(イチナナ)とは?

台湾発の世界中のユーザーとつながれるライブ配信アプリです。

 世界9ヶ国に展開、全世界4000万ユーザー突破して、いまノリに乗っている大注目のアプリです。

17ライバー(配信者)(後で詳しく説明します)

として初心者から人気モデル、俳優、歌手などの有名人も配信中です!

ライブ配信アプリ界で断トツの投げ銭率というのも注目ポイントです。

あわせて読みたい

参加した方全員が一緒に盛り上がることができる様々なイベントや、新たなスターを生み出すオーディションなども行われていてすごく活発です。
(公式サイト)
https://17media.jpabout-17media/

ライブ配信というだけあって、顔出しをするため危険性というのはありそうですね。

ということで詳しく説明していきます。

顔出しによっての危険性がある

やはりライブ配信により顔出しをしなければならず、それによってプライベートでも盗撮されたり、住所を特定されたり、本名が分かってしまったりといった危険性があります。

ある特定の部屋や外で撮影、配信するといったことや、マスクをつけて撮影するといったライバー(配信者)側の配慮や理解も必要になってきます。

しかし、外で撮影すると背景から居場所を特定して、視聴者が配信者に会いにいってしまう可能性も出てきます。

だから、動画を配信するときに映り込む景色には十分に気をつけてください。

いくら、ライブ配信で履歴が残らないといっても、スクショや録画をされたら永久的に残ります。

これは17Live(イチナナ)だけの事ではありませんね。

今のSNSは全てにおいて言えることです。

Twitterもたとえ個人情報が載っているツイートを消去しても、スクショされたらずっと出回りますし、YouTubeも履歴を消しても違う人が投稿すると一生出回ります。

このように投稿したら完璧に消せないということを覚えておいてください。

生配信のため個人情報をうっかり喋ってしまっても消せない

生配信だから巻き戻りややり直しができません。

だからうっかり自分の個人情報を喋ってしまっても相手に伝わってしまいます。

上記にも書きましたが、いくら、ライブ配信で履歴が残らないといっても、スクショや録画をされたら永久的に残ります。

よって、言ってしまったことは取り戻せません。

話す内容をメモしておくなどのライバー(配信者)も対策しておきましょう。

デマをまかれる

17Live(イチナナ)の運営側もデマをまくようなアカウントを停止してアプリを開けないようにするなどの対策はしています。

しかし、また違うアカウントを作って同じようにデマをまかれるなど運営側とのいたちごっこになりかねません。

無料で視聴できるため、アンチがつきやすくコメント欄にありもしないようなデマが書かれることもあります。

ストーカーされることも

ライバー(配信者)の方が、むやみにリスナーの方に好意を抱かせる言葉を発言したり、過激な露出の服装で配信したりすると、17Live(イチナナ)の安全性を低下させるばかりか、ライバー(配信者)をストーカーしてしまう危険性が高くなります。

中国でも以前17Live(イチナナ)がきっかけのストーカーが発生した事件もありましたので、日本でも十分に起こりうる可能性があります。

ライバー(配信者)の方も気をつけて配信してください。

17Live(イチナナ)ライバーのスカウトには注意!

17Live(イチナナ)の運営側が、一般のライバーに対して公式ライバーにならないか?といったスカウトは行われています。

しかし、対象は一般のライバーであって、17Live(イチナナ)ユーザーは絶対にスカウトされません。

よって17Live(イチナナ)ユーザーではない人がスカウトされることは怪しいので注意しましょう。

うまく使えば、自分を売り出せる!

今まで、顔出しするから危険だというようなことを書きました。

しかし、顔出しすることによって自分の人気が上がります。

あわせて読みたい

芸能界を目指している方にとっては17Live(イチナナ)はこの上ないチャンスです!

公式ライバーになれば人気が格段に上がります。

17Live(イチナナ)アプリを無料ダウンロード

公式ライバーとは?

17Live(17MediaJapan)運営に認められたライバーです。

IDの横に黒色のチェックの公式認証マークがつき、トップ画面の注目欄に乗りやすく目立ちやすいため視聴者も増えていくなどの利点があります。

あわせて読みたい

 

お金に関しては心配しなくてOK!

実は知らないうちに課金してて後から高額請求がきた!なんていうお金のトラブルは決してありません!

17Live(イチナナ)は誰でも無料でライブ配信できるため、自分の配信が上手くいかなくてもお金を払わなければならないといったことはありません。

また、何時間観たら有料になるなどといったこともありません。

だから安心して配信、視聴できます。

17Live(イチナナ)アプリでとりあえず見てみる

デメリットとしては?

広告がウザい

17Live(イチナナ)を運営するためには広告が必要です。

一番多い意見がその広告がウザいといったことです。

他のアプリでも広告は付き物なので仕方ない面がありますね。

次に多い意見としてはスマホで見ると通信料を取ってしまい充電の減りが早いといったことです。

やはり動画配信であるので通信の問題は出てきますね。

あわせて読みたい

また、ライブ配信であるため履歴が残らないということです。

見逃したときには残念な思いをしますね。

年齢制限がある

17Live(イチナナ)は2018年4月1日まで17歳以上限定でした。

しかし、現在では13歳以上が配信可能で、18歳未満のユーザーは22時〜5時まではライブ配信禁止です。

夜中には18歳未満の方は配信が出来ません。

アーカイブが出来ない

これが一番大きいデメリットのように思いますが、17Live(イチナナ)はライブ配信が売りなので、アーカイブ対応していません。

だから、好きなライバーの配信を見逃してしまったりもう一度見たい場合には、自分で録画しない限り見られないということになります。

このようにデメリットもありますが、メリットもたくさんありますので魅力的なアプリだと言えます。

まとめ

不特定多数の人と顔をだしてコミュニケーションをとるということにはやはり多少のリスクはあります。

人気を上がる代わりに個人情報が特定されたり、デマが流れたりといった危険性やデメリットもあります。

しかし、正しく使えば安全に配信出来ます。

ぜひ正しく使って人気者になりませんか?

17Live(イチナナ) 公式サイトからダウンロード(無料)

おすすめ記事

自宅のネット環境にはコチラがおすすめ!

ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です