副業と週末起業の違い!どんな種類があるの?成功のカギは?

あなたは、サラリーマンですか?・・私はそうです。

会社員は、現在の会社で働いている期間が長ければ長くなるほど、段々と働きやすさもアップし、「いつもの仕事」「決まったことをやる」ということに、不思議と居心地がいいと感じるようになるでしょう。

しかし同時に、「ふと、自分って一生このまま今の会社にいることが正解なのか?」と、自身の未来の可能性についても考えるようになります。

もしも、将来転職を考えているならば

もしも、あなたが近い将来に、転職を少しでもを考えているのであれば、まずは副業として、何か興味のある仕事にチャレンジしてみてはどうでしょう。

学生時代からやっているアルバイト先にそのまま就職する人がよくいるように、いざ経験してみたら意外とこっちの方が自分に合ってるじゃんと思うことも少なくありません。

しかし、それとは逆に、転職してみたら、自分が思っていた仕事と全然違うじゃんということもよく聞く話です。

まずは、副業を始めてみよう!

どちらの場合にせよ、とりあえず副業で始めていれば、いきなり転職して失敗というリスクを犯さなくても、仕事探しのキッカケにすることもできます。

また、副業も本業と同じように、続けていけば実績が積まれていきます。

もしも、不意に失業なんて時でも、副業でそれなりの業務経験があれば、次の仕事を探す際の選択肢が広がることもあると思います。


本気の副業は週末起業に発展する

誰でもできるような副業では、当然、時給換算すると低くなりがちで、しかも、単調でつまらないと感じるかもしれません。

しかし、自分が興味や関心のある分野を副業にすることで、ときに副業が本業超えることがあります。

「副業の収入が本業を超えた」「副業で得た知識だけで仕事がドンドン見つかる」「副業は本業よりも100倍楽しい」と、ドンドン発展し始めます。

こうなると、副業を本業に切り替えたくなるかもしれません。

しかし、副業を本業にするには、確実に安定的にお金を稼ぐ仕組みを作らなければなりません。

週末起業とは?

もしもそうした状況になったら、「週末起業」を視野に入れてもいいでしょう。

週末起業というのは、ひと昔前から流行り始めた働き方です。

その名の通り、今の会社に勤めながら主に週末や休日を使って、個人事業を行うという形態のワークスタイルです。

将来、本格的な起業に向けた準備や、本当に事業として成り立つのか?というテストとして、副業を行うのです。

副業と週末起業の違い

副業

副業は基本的に、誰かに雇用されて頭と体を使い、自分の時間を切り売りして対価を得る。

クラウドソーシングとか、いわゆるアルバイトなんかが代表的ですね。

どっちかというと、お小遣い稼ぎの側面があります。


週末起業

週末起業は、自分のやりたいこと、好きなことを目標をしっかり持って取り組むことで、将来独立を目指すことを言います。

もちろん、本気度が違うのでリターンは大きいものになります。

もっと、単純に言うと、副業はライトな感じ、週末起業はもっと本気度が高い!こんなイメージでOKだと思います。


副業が週末起業に発展する例

副業が休日起業に進化するのは、次のような例です。

「自分の知識やお得なサービスや商品をブログを立ち上げて紹介してみようかな」

「思ったより、匿名口座の作り方の記事は好評だったな、でも、あんまり収益には結びつかなかった。やっぱりA8.netのプログラムを紹介しなきゃダメかな」

ランサーズクラウドワークスやサグワークスの紹介したら、結構反響あったな」

「よし、本格的にブログで稼ぐ勉強してみるか。どんな勉強の仕方が最適なんだろう」

「グーグル検索にヒットするタイトルの付け方があるのか。SEOって大事なんだな」

「ブログを書かないと、稼ぐ機会を損失しているような感覚になる、もっと書きたい!」

ここまで熱中し始めると、副業を始めた動機を気にすることすらなくなり、副収入の目標額さえぶっちゃけ二の次になります。

「副業」そのものを楽しんでいる状態です。

しばらくトライアンドエラーを繰り返した後に、しっかりとした手応えをつかむことで、この副業を本格的に週末起業に移行したいと考えるようになります。

「どれだけPV(ページビュー)を集められるかがポイントだな・・」

「同じ悩みをかかえている人をターゲットにしてみよかな」

「いや、趣味の特化型サイトをいくつも作って、数打つ方が可能性高いか」

今回はブログ収入の例を紹介しましたが、せどりや、ネットショップや、You Tubeでもなんで同じです。

あなたが得意なことならなんでも、マネタイズできます。


明確に稼げるビジョンが見えたなら

明確に稼げるビジョンが描けたら、後は空いた時間をドンドン使ってガンガン実行していくだけです。

このように、低リスクの週末起業を踏み台にして独立を狙っている人はかなりいるでしょう。

もしも、その中で自分の商才やセンスのなさや、努力することができないことに気づいて断念することもあれば、そのままやってきた事業を軌道に乗せて独立・起業までできることもあるでしょう。
格安で高品質のホームページ制作サービス「ホームページシード」

もしも、週末起業が失敗しても

もし仮に事業としてはうまくいかなかったとしても、本業を辞めたわけでもないので、低リスクです。

今までのように、趣味の延長線にある副業や、お小遣い稼ぎに戻せばいいだけの話です。

また、本業で生計が維持できているのなら、副業や週末起業はいくらでもやり方を改善していけます。

週末起業は何度でも挑戦できる絶好の練習場です。

成功のカギは絶対諦めない心

私は同僚に「2年くらいしたら会社を辞めて独立したいんだよね」と話してみたら、「いやいや無理でしょ?夢見るのは辞めといたほうがいいよ」と言われました。

別の場所では軽く失笑されたこともあります。

副業なら応援してくれる人も結構いますが、独立となるとその実態がわからない人がほとんどなので、「想像できない=実現できない」となりやすいです。

まったくもって否定的な意見が多いため、決心が鈍らないように「なぜ、現在の副業を週末起業にしたいのか?」「独立して何を実現したいのか?」を明確にしなければ続けていけません。
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologie】

まとめ

週末起業は1年以上の長丁場になる場合がほとんどです。

事業規模や事業内容によっては3年でやっと元が取れるものもあります。

だからこそ、途中でやる気を削がれて、心がガス欠にならないように将来像をしっかりとイメージしておく必要があります。


スポンサーリンク

 


ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

ご支援募集中です!

www.amazon.co.jp

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です