レトロゲームの買取は専門店のninebit(ナインビット)がオススメ!口コミと評判は?

昭和を代表するおもちゃといえばファミコン(スーパーファミコン)でしょう!(断言)

任天堂から「ファミリーコンピューター」が発売されたのは、1983年7月15日です。

それまでは、同種のゲーム機としては、エポック社「カセットビジョン」をはじめ、既に数機種が存在していましたが、任天堂ソフトの質の高さや、サードパーティーの充実もあってファミコンは徐々に市場を制圧していきました。

もうね、一家に一台はファミコン持ってましたね!

ちょっと、裕福な家はファミコン&PCエンジンという構図でした。

ファミリーコンピューターの最強の周辺機器

そのファミコン登場から3年後、今度は周辺機器の「ディスクシステム」が発売されます。

当時のキャッチコピーは、「やればやるほどディスクシステム」です。

ゼルダの伝説、メトロイドといった、のちの任天堂の看板タイトルも第1作はディスクシステムから始まっています。

ディスクシステムの凄いところは、ディスクの書き換えが500円でできたことです。

お小遣いの少ない小学生には、夢のような話でしょう!

ファミリーコンピューターの販売台数

最終的に国内のファミコン本体の販売台数は1,900万台以上となりました。

スーパーファミコンの登場!

そして、1990年11月21日、ついに待ちに待った日がやってきました。

これまで任天堂の「ファミリーコンピューター」にのめり込んでいた人たちが、待ち望んでいた後継機である「スーパーファミコン」が発売された日です!

 

「今度のスーファミは16ビットだってよ!」

 

スーファミがファミコンと比べてどれだけ凄いのか、その数字の意味を理解していた人は少なかったわけですが、友人との会話ではファミコンの8ビットから16ビットにパワーアップしたという話で持ち切りでした!

 

そして、実際手に入れてみると、値段も高くはなりましたが、ファミコンと比べて圧倒的に「グラフィック」「性能」が違いました!

ボタンも増えて、「こんなに扱えるのか・・?」

なんて不安も抱きましたが、全く問題ナシ!

マリオのBダッシュが、Yダッシュに変わりました。

その重厚感は、まさに「スーパー」という響きが外観に現れていました。

さらに、カセットの方もサイズが大きくなったため、データの容量がたっぷり入っている気がしてより、とんでもなく貴重なものを手に入れた感覚でした。

スーパーファミコンの販売台数

最終的に国内のスーパーファミコン本体の販売台数は、初代ファミコンをぶっちぎり、4,900万台以上となりました。

当初、同じ16ビットのゲーム機で、ライバルと期待されていた、セガのメガドライブは、国内生産300万台と残念な結果になりました。。

裕福な家庭は、スーパーファミコン&メガドライブ&PCエンジンDUO

当時の裕福な家はそれにプラスして、「PCエンジンDUO」を持ってました。

これは、これまでのカセット至上主義から、脱出したCD-ROMを使用したゲームで、定価が59,800円という、当時ではとても高価な代物でした。

持っている人は問答無用で「コイツ金持ち」と認定されるほどです。

ですが、ゲームの質はスーパーファミコンの方が高かったと思いますけどね!(サトリ談)

ファミコン&スーパーファミコンの終焉

2003年(平成15年)9月30日 – 部材調達の困難等を理由にファミリーコンピュータとともに本体の生産を打ち切った。累計販売台数は約4,900万台であった。

2007年(平成19年)2月28日 – ニンテンドウパワーサービス終了。10月31日 – スーパーファミコンの修理受付終了。

Wikipedia:スーパーファミコン

ここから、私のオススメのスーパーファミコンTOP10とかやろうかと思いましたが、終焉したゲーム機なので需要がなさそうなのでやめておきます。

あ、もし需要があれば、書きます!笑

時代は、Nintendo Switchですよね!(誰か買ってくれないかな)

というわけで、ファミコン、スーパーファミコンは、今ではレトロゲームと呼ばれるようになりました。

家に眠っているレトロゲーム機やソフトはありませんか?

ファミコンやスーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、ネオジオなんでもいいです!

昔からゲームが好きな人は必ずあるハズです。

ソーシャルゲームの普及や、PS4やスイッチが大人気で、上記のゲーム機は、もう、すっかり遊ばなくなったのではないでしょうか?

そのゲーム機やソフト、高く売れます!

もちろん、その辺のゲーム屋さんや、GEOに持っていっちゃダメです。

めちゃくちゃ安く買い叩かれます。

レトロゲーム専門買取のninebit(ナインビット)で高価買取してもらおう

古き良き8ビット、16ビットを知りつくしたスタッフが丁寧に査定してもらえます。

レトロゲームの専門店だからこその、高価買取が期待できます!

では、買取の流れを説明していきましょう!
レトロゲーム専門買取ならninebit

高価買取までの流れ

STEP1 申込み

無料の梱包キットを申し込みましょう

ダンボール・テープ・申込書など梱包に必要な資材を一式全て無料で送ってもらえます。

STEP2 品物の梱包と発送

梱包キットが届いたら、品物を梱包して発送しましょう

ダンボールを組み立て、品物を詰めて発送しましょう。

発送時は近くの佐川急便に連絡すれば、無料で集荷にきてもらえます。

後はドライバーにダンボールを渡すだけで作業完了です。

※必要なもの:本人確認ができる身分証のコピー (運転免許証、パスポート、健康保険証など)

STEP3 査定

ダンボールがninebitに到着したら、品物の査定をしてもらいます。
※査定にはダンボール到着より3~4営業日程度かかります。
査定完了後、申込み時に選んだ方法で査定金額をご連絡してもらえます。

STEP4 振込

品物の査定金額に納得できた場合、最短で2営業日以内に指定の口座に買取金額を振込みされます。(やったね)

振込手数料も無料 !

査定金額に納得できない場合は、全ての品物を返送してくれます。

レトロゲーム買取専門店ninebitの評判と口コミ

まとめ

私も昔からゲーム好きで、今では自宅の押入れで眠っているものもあります。

こういった商品をできるだけ高く買い取っていただき、現在レトロゲームを遊んでみたい方に利用してもらえると嬉しいですね。

思い入れが深いゲームだからこそ、「せっかく売るなら、すこしでも高く売りたい!」ですよね!


スポンサーリンク

 


ランキングに参加しています!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

ご支援募集中です!

www.amazon.co.jp

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です